FC2ブログ

40's USN N-1 デッキジャケット


こんにちは、shoです!
本日も沢山のご来店頂き
誠にありがとうございます!

本日は数あるミリタリーアウターの中でも
不動の人気を誇る、US NAVYの傑作、
N-1デッキジャケットをご紹介します。

そのデザインの秀逸さから多くの
ブランドでレプリカが作られておりますので
ミリタリーに詳しくない方でも
一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

人気が衰えない一方で、
近年では枯渇し、アメリカでも
価格の高騰が続いているアイテムです。

では早速見ていきましょう。

IMG_9889_20180129170759322.jpg
IMG_9894_20180129170806e18.jpg
40's USN N-1 Deck Jacket
SIZE 38位
肩幅 48㎝、身幅 55㎝、着丈65㎝、袖丈 57㎝


IMG_9890_201801291708003ea.jpg
IMG_9899_20180129170814bbb.jpg
IMG_9891_20180129170802a4b.jpg
IMG_9902_20180129170816c17.jpg

デッキジャケットとは
読んで字の如く、

当時アメリカ海軍で、
戦闘機や滑走路のメンテナンスを
行う艦艇作業員向けに支給された
ジャケットになります。

極寒の艦上作業に耐えうるため
袖口内側にニットリブを装備し、
襟には立てて固定できるように
チンストラップが付いています。

IMG_9893_20180129170804898.jpg
IMG_9898_2018012917081221f.jpg

ジャングルクロスと呼ばれる
細畝のピケ素材のような生地と
100%アルパカのボアライニングが
特徴的な40年代の個体になります。

因みに50年代になると
色は後継のA-2と同様の
オリーブグリーンになり、
ライナーはアルパカとウールが
半々の混紡繊維に変更になり、
一見して雰囲気が全く変わります。

IMG_9895_2018012917080864a.jpg
IMG_9896_20180129170809102.jpg

ジッパーはベル型TALON
コの字止めなども40'sの特徴です。


IMG_9892_20180129170803d41.jpg
IMG_9901_2018012917081549e.jpg
IMG_9902_20180129170816c17.jpg
IMG_9904_20180129170833ef8.jpg

以上画像でご覧いただきました通り、
襟やライニングアルパカの抜けは少なく、
シェルは若干の薄汚れはあるものの、
ジャングルクロスならではの味のある
エイジングが楽しめるコンディションです。

袖丈が調整されておりますが
状態的に見て、最近ではなく、
当時直されたものだと思います。

寧ろ短くなっていることで
都合が良い方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

IMG_9897_20180129170811605.jpg


裾にあるドローコードも
しっかりと付いております。


続いて2枚目のご紹介です。

IMG_9874_201801291706599ae.jpg
IMG_9881_201801291707099f2.jpg
IMG_9887_20180129170756a76.jpg
40's USN N-1 Deck Jacket
SIZE 38
肩幅 44.5㎝、身幅 52.5㎝、着丈66㎝、袖丈 63㎝


こちらは100枚見て1枚あるかと
言われる程、希少な個体になります。

製造時期は先程紹介した
N-1とほぼ同時期になりますが


生地が異なります。

IMG_9875_20180129170701cb4.jpg
IMG_9877_20180129170704532.jpg

40年代中期~後期にのみに
混ざると言われる
太畝ピケ素材のN-1です!

先程のジャングルクロスは
密に織り込んでいる為、サテン織りなどと
同じで、光沢感を持っていますが
こちらの太畝ピケは光沢感の無い
マットな生地感になります。

IMG_9905_20180129170834a70.jpg
IMG_9906_2018012917083636e.jpg

並べて撮ると一目瞭然ですが
色味まで違いますね。

この違いは遠目に見ても明らかで、
街中で着ていたら、通常と違う雰囲気に
魅了されてしまう事は間違いありません。


ではディテールに関しまして

IMG_9882_20180129170711f9f.jpg
IMG_9883_20180129170712672.jpg

こちらもベル型TALONの
コの字止めジッパー。

ジッパーエンド付近の歯が飛んでいる為、
少しコツが要りますが、開閉は可能です。


IMG_9884_20180129170714edf.jpg

ドローコードは欠損しております。

IMG_9885_20180129170752258.jpg
IMG_9886_20180129170754e96.jpg
IMG_9878_20180129170705a83.jpg
IMG_9879_20180129170706fe5.jpg
IMG_9880_20180129170708d18.jpg

アルパカライニングの
抜けも比較的少なく、

袖先も綺麗で、リブには
少し小穴がありますが
軽度のダメージです。

先程の個体と同様
シェルは若干の薄汚れはあるものの、
生地自体の傷みは僅かなものです。


使用される環境上、普通は
ボロボロでオイルだらけものが多く、
アルパカも剥げていたりと、
コンディションの良いものは
なかなか手に入らないのが実情です。


故にレプリカを選ぶという
考えに至るのかもしれませんが、

やはり、戦時中実際に整備兵が着た、
オイルと潮にまみれたオリジナルの方が
カッコ良さは上手だと、僕は思います。


世間で人気があるものほど
周りと雰囲気に差を付けたいものです!
いつかは!とお思いの方は
是非この機会に!


以上よろしくお願いいたします。


AEUGO

Twitter
↑こちらからどうぞ♪


Instagram
↑こちらからどうぞ♪


お問い合わせ

TEL 0471-68-7771
Mail aeugo.kashiwa@gmail.com

千葉県柏市千代田1-2-52 鈴木ビル1F

AEUGO古着ショップ

Instagram

AEUGO Instagram
Instagram

Update

Twitter

Facebook

月間アーカイブ

AEUGOの足跡

検索フォーム